インサイト発見とインタビューそしてチーム

 

松本です。

インサイトについてあらためてまとめておきます。

なぜならインサイトということばを聞いたことがあっても、

インサイトが腹に落ちていない方が多々いらっしゃるからです。

 

 

インサイトは直訳すると洞察、直感などです。

広告やマーケティングの世界では、ここを押すと買ってしまう

生活者の購買のツボのように扱われます。

またインサイトは”インサイトの発見”として

隠れているものを見つけだすという意味合いで使われます。

つまり考えてわかるものではなく、アイデア出しをするのでもなく

見つけ出すものなのです。

 

インサイトが腹に落ちないのはなぜか?

 

インサイトが腹に落ちない原因のひとつが

ひとりでは実感しにくいということがあるのではと、私は考えています。

日本語に”気づき”という便利なことばがあります。

 

『何か大事そう』

『何かヒット商品につながるかも』

そういった気づきは、

少し慣れれば、たくさん起こるはずです。

 

またインサイトと似たようなものにアイデアがあります。

企業の中には新商品開発、新規事業の創出をアイデア出しのみに

頼っている例もみられます。

 

アイデアとインサイトはどう違うのでしょうか?

アイデアとは「既存のものと既存のものの新しい組み合わせ」と言われます。

個人の経験によるところが非常に大きいのです。

経験の幅が狭いとアイデアが出にくいということです。

日常生活の振り幅とでも言いましょうか。

また往々にして自分が最初に出したアイデアに執着しがちです。

 

 

これに対してインサイトは多くの場合、生活者またはユーザー、顧客から得ます。

つまり「自分発のアイデア」と「他者発のインサイト」というように対比することができます。

 

さて閑話休題

気づきとインサイトです。

生活者あるいは顧客から何等かの気づきを得る。

それがインサイトと呼べるものなのかどうか…

チームでのワークショップやディスカッションなくしては

「おーやった!インサイト発見したぞ!」

とはならないのです。

 

インサイトを発見することと、フラットなチームを形成すること

 

インサイトを発見するためには、チームが重要だということです。

上意下達式の昭和時代のチームではなく、

フラットなチームであることも大切。

 

最も望ましいのは、顧客特にヘビーユーザーの観察やインタビューと

結果を受けてのフラットなチームでのワークショップです。

そしてリーダーは、あくまでもファシリテーターとしてチームを導きます。

 

フラットなチームは、別の表現をするならば、全員が生活者としての自分を

思い出している状態と言えます。

会議室での”あるある”は、売る側の視点に立ち過ぎて

上から目線で「ターゲットは○○だから」(ひどい場合「馬鹿だから」とか)

「ウチの商品は△△で差別化できているから」など

独特の表現によって、自分がなんだか偉くなったような気になることです。

 

自分が生活者として立つということは、自分の財布からリアルにお金が出ていくところを

イメージできていること。

全員が生活者として立っていれば、ワークショップの間は上下関係が棚上げされた状態です。

 

顧客へのインタビューでは意見を聞かないこと

 

よく”顧客の意見を聞く”ということが言われますが

意見を聞くのは、実はよろしくないのです。

意見はノンユーザーにでも言えますし、無責任なものです。

意見と購買行動は決して一致しません。

 

例えば、「パッケージデザインが地味ですね。もっと明るい色だったら買うと思います」

こんな意見が出たとします。

真に受けて、パッケージデザインを赤やピンクにしたとして、

はたして売上は上がるのでしょうか?

意見を言ったヒトは実際に、倍の数量を購入してくれるのでしょうか?

残念ながら望んだ結果は起こりえません。

 

愛ある観察が重要になってきます。

観察は退屈な場合もあるかもしれませんが、

気づきを得るには重要な手段です。

 

例えばシャープの左右開き冷蔵庫。

許可を得て、生活者のキッチンにカメラをつけさせてもらい

担当者がカメラに録画された動画をじっくり見たことから

ヒット商品が生まれました。日本のキッチンは狭い場合が多く

横歩きをして(いわゆるカニ歩き)

身体をひねるように冷蔵庫の扉を開けている姿がビデオに映っていたのです。

 

「ああそうか!冷蔵庫の扉が左から開けばいいんだ!」

そして開発されたのが左右開き冷蔵庫です。現在では常識となっています。

 

インタビューの場合もご意見を聞くのではなく

観察と同じようなスタンスで顧客と向き合うことがとても大事です。

今どうしているか、どういう使い方をしているかといった日常的な行動

使用法など現実をしっかりと把握すること。

そして動作、行動をしているときの気持ち、感情をとらえること。

 

もしブランドイメージも関係するような開発テーマであれば、

ブランドについてのイメージを

解き明かしていくといった丁寧なインタビューが求められます。


 

松本 朋子 Tomoko Matsumoto

株式会社マーケティング・ハピネス 代表取締役

 

マーケティング&ブランディング コンサルタント


モデレーター講座「上級プロ講座」

こんにちは 松本です。

 

新型コロナウイルス、地震、戦争…と

心がザワザワする日々ですが

あなたは大丈夫ですか?

自分にできることを粛々としていくことしかない...と

私はあらためて思わされています。

 

わずかながらですが募金をし

仕事においては、

<人類の未来の幸福を増進する>とのヴィジョンでもって

取り組みをしています。(大袈裟に聞こえるかな)

 

 

モデレーター講座「上級プロ講座」(Zoomオンライン)を4月に開校します。

基本的には「モデレーター講座」をすでにを受けてくださった方が対象です。

モデレーターとして実際に活動されている方や

企業(団体)内などで司会の経験のある方は受講可能ですのでご相談ください。

 

内容は

・インタビュー時 相手の話が理解できず慌ててしまうとき

 

 その時何が起こっているのか?!案外ことばは難しい!対処法は?

 

・さらに深める人間理解

(生活者が、購買者であると同時に肉体を持った人間であること)

 

  ノーベル賞受賞 行動経済学に見る合理的なようで合理的でない人間

 「考えなしの行動?」

 

・気づきからインサイトの種へ  インサイトの種からグループワークでインサイト→プロポジション

 

調査のための調査、インタビューのためのインタビューにならないよう

あくまでも何等かの課題解決のためのインタビューとなるよう

そしてインサイト発見が腹に落ちる体験となるように組み立てています。

 

インサイトモデレーター講座 2022年4月4日(月)5日(火)6日(水) 19:00-21:00 

インサイトモデレーター講座<上級プロ>第1部:2022年4月9日(土)  11:00-15:00(お昼休憩1時間)

第2部:2022年4月23日(土) 11:00-15:00(お昼休憩1時間)

 

4月9日(土)の第1部は現在2名のお申込みをいただいています。

6名程度の募集です。グループインタビューが一般的に6名で行われるからです。

 

第1部は講義形式。

もう1日平日に設定することを検討中です。

第2部はインサイトからプロポジションへのワークショップ。

4月9日(土)の受講者と集合して開催したいと思います。

 

わかりにくい点があればお気軽にお問合せくださいませ。


インタビューとヒアリング

こんにちは。

松本です。

 

「1対1インタビューレッスン」を受けてくださっている方との対話のなかで

多くの方の参考になるのでは、ということがありましたので

こちらのブログで書いておこうと思います。

 

それはインタビューとヒアリングの違いです。

ヒアリングということばも

ビジネスの現場でよく使われます。

インタビューより少し気軽な印象です。

 

語源を見ると

ヒアリング→聞き取り(警官がするような)

インタビュー(面談)→お互いに見る

 

ヒアリングを1時間番組にしても誰も観ません。

インタビューは1時間のTVショーになります。

オプラ・ウインフリーがメーガン、ヘンリー夫妻を

インタビューしたことは記憶に新しいです。

 

ヒアリングは新入社員にもできます。

インタビューは誰にでもできるとはいえ

熟練が必要です。(上手下手の差が歴然とする)

 

マーケティングにおけるインタビューは

“質的調査“とも呼ばれます。

“質的調査“と、一方には”量的調査“があります。

量的調査とは定量調査とも言われます。

1000人に聞きました、というアレです。

テーマについて今どうなっているのか、ざっくりと知ることができます。

 

なぜ質的調査、インタビューが重要か?!

1人に聞いた話からヒット商品が生まれることが

実際にあるのです。

成功したインタビューはお互いに化学変化(ケミストリー)が起こります。

成功した質的調査からはインサイトが得られます。

 

ヒアリングはアンケートなど、量的調査の補完的なものと言えるかもしれません。

 


エスノグラフィー研修

松本です。

 

エスノグラフィー研修は

9月19日(日)です。

 

会場の京都市は緊急事態宣言が延長になっていますので

もちろんマスク着用,しっかり距離を取って実施します。

屋外ですので,換気という意味では心配ないかと思います。

 

 

エスノグラフィーとは文化人類学のこと。

弊社でいうところのエスノグラフィーは

コンシューマー・インサイトを得るための方法のひとつとしての

エスノグラフィーです。

 

かつて文化人類学者レヴィ=ストロースは,住み込んでのフィールドワークによって,

習俗や儀礼、神話の数々が決して野蛮で未熟なものではなく、極めて精緻で論理的な思考に基づいていることを発見したといいます。

 

私たちも自分とは違う境遇,趣味,志向の生活者のことを

わからないからこそ,純粋に「知りたい!」という想いでしっかり観察し

記録します。

 

研修では,記録の仕方をレクチャーさせていただき

その後集合して情報共有,インサイト発見へとつなげていきます。

 


9月10月講座やイベントのお知らせ

こんにちは。

松本です。

 

ありがたいことに

ひっきりなしに

「インタビューレッスン」と「モデレーター講座」

受講してくださる方がいらして

ブログ投稿が久しぶりになってしまいました。

 

長引く新型コロナ感染症によるパンデミック。

このブログをお読みの方の中にもお疲れが出ている方も

いらっしゃるかもしれません。

「モデレーター講座」ではこのところ愛知県の方の受講が続き

『東京だと受けられなかったかもしれない』とおっしゃっていただいて

ZoomやTeamsオンラインミーティングが一般化したことは

(もちろん新型コロナは嫌ですが)良かった点だなと、あらためて実感させられました。

 

 

さて9月10月、どなた様もご参加いただける講座やイベントがありますのでお知らせします。

 

〈インサイト研究会 1回完結篇〉

 

インサイト研究会は年会費制です。

通常3回(3ヶ月)を1クールとして

事例に取り組んでいます。

 

私はこれを“事例の千本ノック“と呼んでいます 笑

 

通常はそうなのですが、9月10月はそれぞれ1回完結となっておりまして

1回5,000円(+税)にてご参加いただけます。

(クレジットカード決済可能です)

 

・2021年9月16日(木)19時-21時

・2021年10月18日(月)19時-21時

 

いずれもZoomオンラインミーティング

URLはご参加の方にお知らせします。

.........................................................................................

 

「今押さえておくべきトレンドとしての『人新世の資本論』~Z世代の”ゆるっとエコ”」
 
『人新世の資本論』(斎藤幸平著・集英社新書刊)は
紀伊国屋書店ビジネス書売れ筋にずっと入っている書籍です。
某企業役員の方とも今年読むべき本と意見が一致しました。
 
「人新世(ひとしんせい)」とは地質学的に見て地球は新しい年代に
突入したという意味です。(ノーベル化学賞受賞パウル・クルッツェン曰く)
ジュラ紀 白亜紀といった地層が有名ですが、化石からわかることが色々とあるようです。
未来の人間が今の年代を見るとき、大量のプラスチックが発見されるということ!
本業お忙しい方もいらっしゃるかと思いますので
本を読んでから出席とは申しません。
エッセンスを取り出して問題提起させていただきます。
 
とりわけ、インサイト研究会らしく
SDGsやエシカル消費といったことに対する意識や行動の
世代間格差にスポットを当てます。
単なる意見交換に終わらないよう、
SNSを観察していきます。
 

 .........................................................................................

 

〈エスノグラフィー研修〉

 

・2021年9月19日(日)午後 京都

・2021年10月30日(土)午後 東京

 

オフライン(リアル)の研修です。

9月19日の京都は(延長がなされましたので)

緊急事態宣言中ではありますが、

マスク着用、距離をしっかりと取って実施いたします。

 

長文になりましたので、こちらについて内容詳細は、

別途またお伝えしたいと思います。

 


インタビューレッスン

松本朋子です。

 

ただ今,インタビューレッスンのキャンペーン中です。

 

インタビューレッスンはモデレーター講座卒業生の方からの

「インタビューの練習場所がない」という切実なお声から生まれました。

 

 

グループインタビューと

1対1のインタビュー(1on1,デプスともいいます)

 

多少気をつけてる点は違ってきますが

基本は同じ。

 

その人でしか話せないことを

一期一会で

いかに聞き出すか,ということ!

 

それはマーケティングインタビューでも取材でも同様です。

このところWeb動画インタビューのために

レッスンを希望される方が増えています。

 

現在はZoomミーティングのみで

レッスンをしています。

1回のレッスンは1時間です。

 

インタビューレッスン

 

春のキャンペーンで

インサイト研究会への参加をプレゼントしています。

インサイト研究会は“事例の千本ノック“(笑)

なので,テーマにどのように迫るかという

本質的なことが腹に落ちると評判です。

 


ダウンロード
従来からのマーケティングと新しいマーケティング
ダウンロード フリー。
”マーケティングの基本と今必要なこと”
new_marketing.pdf
PDFファイル 108.4 KB