顧客とのエモーショナルコネクション emotional connection with customers

こんにちは。

松本です。

 

今年の研究会テーマである

「エモーショナル・コネクション」

参考図書として

『顧客体験の教科書』(ジョン・グッドマン著 東洋経済新報社刊)を

折にふれて読み込んでいこうと考えています。

 

この本、前書きからラインをひいてしまいました 笑

 

 ’ビジネスの世界では 、市場環境から法規制、 テクノロジ ーまで 、急速な変化と変革が日々起きているが 、その一方で変わらないものもまた存在する 。中でも顧客の行動や期待は  昔からそれほど変わっていない 。私たちが 4 0年前に実施した顧客 ・消費者行動の調査結果を今日のそれを見比べると 、そこにはほとんどと言ってよいほど大きな変化がないことに驚かされる’

 

そうなのです!

私たちは、変化のほうにばかり目がいきがちです。

<AI、ロボットでどう変わるんだろう

不安だ、ついていかないと・・・>

確かにそういった情報を仕入れておくことは悪いことではありません。

(できれば専門家から直接)

しかし、それらにまどわされず顧客の期待や行動を冷静に見ることは

意外にも難しく、にもかかわらずとても重要です。

 

様々なリアル課題を

異なる業種の方からいただき

その課題に迫るなかで

どの部分の<エモーショナル・コネクション>が顧客に刺さっているのか

はたまた足りないのかを

明らかにしていくのが今からとても楽しみです。

 


2020年 愛とクリエイティビティの年に

 

新年明けまして

おめでとうございます。

松本です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年どんな年になるのか?!

東京オリンピックの話題、様々な社会的課題

すでに多数の論評がなされています。

 

私はいつもお伝えしているように

未来を自分で作るということを

忘れないようにしたいです。

 

未来を怖がる…

その心情がわからないではありません。

けれども

ひとりひとりの作る今日、明日が

積み重なり未来になるということもまた確かです。

 

では具体的に私はどうしたいのか?

理想論ではありますが

究極には「愛とクリエイティビティ溢れる世界」

であって欲しいと願っています。

 

そのためにマーケターとしては

生活者が昨日よりも今日少しでも幸福になれる商品・サービスを

しっかりと応援します。

 

また2017年スタートの『手の味プロジェクト』では

まさに愛とクリエイティビティを創る活動をしています。

この活動もますます充実させていく所存です。

 

インサイト研究会は年末のブログの通り

2020年は<顧客とのエモーショナル・コネクション>

をテーマとします。

 

ブランドもそうですし

ファンクラブ

ソサエティ

コミュニティに迫ります。

 

今年1年が皆様にとって

(様々な)愛ある1年でありますように!!


(写真はお正月に訪れた松山城。空の青さが印象的です)

 


2020年インサイト研究会テーマは「顧客とのエモーショナルコネクション」

こんにちは。

松本です。

 

来年2020年の話です。

14年目のインサイト研究会

テーマを「顧客とのエモーショナルコネクション

(emotional connection with customers)」としました。

 

年間テーマを”エスノグラフィー”や

今年のように”カスタマージャーニー × インサイト”といった

手法に設定することもあります。

この研究会は学術研究をするのではなく

<事例の千本ノック>を標榜していますので (笑)

手法を年間テーマにするほうが、

手法を自分のものとすることは容易です。

 

もう少し抽象的なテーマを設定することもあり、

過去には、”パーセプション・チェンジ”をテーマにしたこともあります。

ちょっと難しいことばですね。

パーセプションは認識。

生活者がどんな認識を持っていて、

そこを突破するにはどうすればよいのか・・・。

 

手法ありきのほうが

その手法を会得しやすいものの

テーマに対して、やや無理をして合わせていくこともあります。

一長一短です。

 

来年は手法ありきではなく

「顧客とのエモーショナルコネクション」!!

 

ではなぜ今このタイミングで

このテーマを選んだのか?!

 

それは今年1年クライアントや知人、友人様々な人と話していて

今後ますます、このことが重要になると

思わされたからです。

 

具体的は、

某通販化粧品メーカーさん。

登録の顧客リストが10万人でも

アイテムのリピートに苦労しているとのこと。

 

CRMフォーラムでの講演。

サブスクリプションが数年前から話題になり

実際新しいビジネスモデルとして定着したものの

(もちろん月額課金そのものは以前からあります)

毎年サブスクリプションの解除に対する”守り”が

課題になりつつあるという話。

 

行動経済学が明らかにしているように

損得といった経済合理性だけでは動かないのが人間です。

1周まわって(?)

ブランディングやファンミーティングなども見据えつつ

様々な角度から、このテーマに迫っていきたいと考えています。

 

*「インサイト研究会2020」11月いっぱい早期お申し込み割引を実施しています。

 

インサイト研究会 ←こちらからお申し込みください。東京(青山一丁目)関西(心斎橋)遠隔参加も可能です。

 


インサイト研究会でのエスノグラフィー

こんにちは。

松本です。

 

インサイト研究会、

今年は年間テーマを「カスタマージャーニー×インサイト」と設定。

このテーマにそって例会を積み重ねてきました。

そうはいっても、たまには外に出ようということで

エスノグラフィーの実践をした月があり

そのことを書き留めておこうと思います。

 

……………………………………………………

ちなみにエスノグラフィーとは文化人類学の手法。

観察と記録が主体です。(インタビューを絡めることもあり)

……………………………………………………

 

写真は関西例会で訪問した

“アリエール・ランドリープロ“。

P&Gが全国で1店舗だけ運営するコインランドリーです。

訪問時 私たち以外にお客さまの姿はなく

どんな人が何を洗濯しに来ているのかの観察は

残念ながらできませんでした。

 

場所は閑静な住宅街、西宮市苦楽園です。

最近流行のカフェ併設の進化系ランドリーではなく

あくまでも重厚なランドリー。そしてプロというネーミングは

アリエールのブランドイメージをどう持っていきたいのか、

・・・・・その後ディスカッションしました。

何を狙っているのか?

 

とにもかくにもアンテナショップとして

今後も色々と試せるようにお膳立てをしているという印象です。

抗菌プラスや防ダニ。

単に汚れを落とす洗濯からの進化。

 

そしてーーー

つい最近。

10月下旬から「アリエール防ダニプラス」が発売になりました。

“防ダニ“の需要が見込めるとの判断が

なされたのですね!

 


トレンドレポートとトレンド勉強会

こんにちは。

松本です。

 

「トレンドレポート」リリースしました。

テーマは【パーパスPupose】

(PDF版2メガFree)

 

ご希望があれば無料にて

お送りします。

下記よりお申し込みください。

勉強会もあります!

 

トレンド勉強会【Purpose】

 

□2019年10月4日(金)14時30分−16時30分

 

□表参道「LaLaファティマ」サロン

 

東京都渋谷区神宮前3-6-12

(表参道より5分、外苑前より5分)

https://www.lalla-fatima.net/

 

□参加費 5000円(税別)

 

※残席2名様


あらためて、私、松本朋子の仕事とは?

こんにちは。

松本です。

 

写真は一昨日訪問した、ビジネス盟友女性が手がけたプレ・オープン施設。

で、久しぶりに会った彼女と話していて、

「そんな仕事していたの知らなかった・・・」と言われた件。

(モデレーター講座のこと)

 

私としては、一貫した仕事をしているつもりながら、

他人からは何だかよくわからいものなのだな、はたと気づかされました。

 

このブログも、私のことを全然知らない方も読まれるかもしれないので、

あらためて、私の仕事のことを書いておこうと思います。

私の専門はマーケティング。マーケティングといっても広いので

弊社 株式会社マーケティング・ハピネスでは、

名刺に「Trend & Insight(トレンド&インサイト)」と入れています。

WEBサイトには「市場動向にアンテナを張り、生活者インサイトの発見に努める」としています。

 

トレンドウォッチャーとして、生活者購買心理の解き明かし専門家として、

クライアント(個人、法人)の売り上げアップの後押しをする存在。

ここでいうトレンドとは、TVで○○が流行っています、というよりもっと前段階の兆しです。

 

◎関連記事

https://marketinghappiness.jimdo.com/2016/01/07/2016年トレンド予測と個人的なテーマ/

 

企業さんのコンサルティング(新規事業も含め)。

インサイト調査。

そしてこのブログで最近よく投稿している「インサイト・モデレーター講座」。

(インサイト調査の司会が出来る方を養成。1対1インタビューレッスンもあり)

インサイト研究会は、東京・関西で毎月実施。継続13年目になります。

 

「昨日まで輝いて見えていたものが、急に色あせて見える」そういうことが実際あります。

いったん『掴まえた!!』と喜んだインサイトも、

時の経過とともに”購買のツボ”ではなくなることもありえます。

ですので、市場動向にアンテナを貼ることは、とてもとても大事なことだと考えているのです。

ともかくも、色々に見えるかもしれませんが、トレンド&インサイトに集約されるということをご理解いただけたら嬉しいです。

 

次回トレンドレポートのテーマは、「パーパス・ドリブン」です。

絶賛、執筆中 。この日本語まちがい・・・笑。


ダウンロード
従来からのマーケティングと新しいマーケティング
ダウンロード フリー。
”マーケティングの基本と今必要なこと”
new_marketing.pdf
PDFファイル 108.4 KB